中国情報集

新着情報

トラベルサポート

テーマで探す

格安中国旅行商品 満杯!

中国ツアー 中国列車券
中国航空券 中国ホテル

お問い合わせ 日本語で どうぞ

電話:
+86-10-89192109
E-メール:
support@rakutabichina.com

中国の歴史

簡史:中国は世界文明古国の1つである。雲南北部で発掘された元謀猿人の化石は170数万年前でこの土地にかつて人類が居住したことが証明する。長期の原始社会と奴隷制社会を経て、約紀元前5世紀で漢族は封建社会に次第に入った。4000年の歴史を考証することができる。紀元前21世紀で夏王朝の創立から商、西周と春秋の末期までの時期は奴隷制社会である。紀元前475年戦国時代から、秦、前漢、後漢、三国、西晋、東晋南北朝、五代、隋、唐宋、元、明、遼、金、清を経た時期は封建社会である。1840年のアヘン戦争から帝国主義の列強が中国に侵入し、中国が半植民地半封建的な社会に次第に入った。1911年の辛亥革命は2000余年の封建的な帝制を破算したが、半植民地半封建的な社会の地位を変えていなかった。1919年の「五四運動」は新民主主義革命の段階の開始を示す。1921年で中国共産党が創立した。中国共産党と毛沢東の指導のもとで, 28年の闘争を経て、徹底的な新民主主義革命の勝利を得た。1949年10月1日で中華人民共和国が創立した。
中国の時代と日本の時代対照できますか?
中国の時代 日本の時代
夏朝 约公元前22世纪-公元前17世纪
商朝 约公元前17世纪初-公元前11世纪 縄文時代
西周  约前11世纪—前771年
东周  前770—前256年
秦  前221—前206年
西汉前206—公元25年
东汉  25—220年 弥生時代(前8世纪-公元三世纪)
魏 220-265年
蜀 221-263年
吴 222-280年
西晋  265-317年
东晋  317-420年
十六国  304-439年
南北朝 公元386-581年 古墳時代(4世纪-6世纪)
隋朝 公元581-公元618年
唐朝--公元618-907年 飛鳥時代(6世纪末-710年)
奈良時代(710年-794年)
平安時代(794-1192年)
五代 公元907-960年
宋朝 公元960-1279 年
鎌倉時代(1185-1333年)
元朝 1271年-1368年
明朝 公元1368-1644年 室町時代(1333-1467年)
戦国時代(1467-1573年)
安土桃山時代(1573-1603年)
江戸時代(1603-1867年)
清朝 公元1644-1911年 明治時代(1868-1912年)
中国各時代の詳細は?

夏朝:

中国の史書記録のなかで第一個の世襲王朝である。一般的には夏朝が1つの部落連盟の形式の国家だと思われ、中国のマルクス主義の歴史学は夏朝の定性を1つの奴隷制度国家であると認定されている。中国歴史では“家天下”という概念は夏朝が創立したと思われている。夏王朝は中国歴史での第一個の王朝で、史書によって記載され、唐、虞から夏、商まで全て封建藩の時代であり、帝王と諸侯は分割統治する。この時期の文化財産の中に一定数量の青銅と玉制の祭器があって、だからその文化と文明的な程度は新しい石器の末期の文化より高いである。約471年、後商朝によって滅亡した。

夏朝:

商朝は中国歴史のなかで第二時代であり、紀元前1600年-紀元前1046年までである。総じて言えば、商朝は奴隷制度の最盛期があるので、奴隷所有者の貴族は支配階級で、巨大な官僚規制を形成して機関と軍隊を統治している。奴隷所有者は奴隷に対して売買することができ、同じく気の向くままに殺すこともできる。考古学者は安陽の小さい屯村から大量の甲骨文を発見し、殷商時代の文字がすでに十分に広範な応用を得ると説明し、発展するのは比較的に熟している。商朝は天文天象の記録もほぼ完成し、干支について時法の運用なども熟している。商朝の農業と牧畜、養殖業の発展はすべて比較的に速く、特に手工業、青銅器の製錬などはすべてかなり熟している。紀元前1046年、商王朝は周朝に滅ぼされた。

西周:

西周(紀元前1046年-紀元前771年)が周文王の子、周武王姫発は商が消えた後に創立し、ハオ京で(今陝西省西安市西部)に都を定めている都である。周朝がそれから都を東にある洛河県(今河南洛陽)に移って東周を量りるため、だからこの時期の周朝を西周と呼ばされている。西周共に12個王を伝え、275年間続けたである。周武王は多くの小国が消えてわりに大きい侯国を創立し、奴隷制度で小さい国に周朝の分封制を受け入れるように強制し、5つ爵位を設立し、諸侯と周の王室の親疎によって関係を上下区別するためである。周王はその地位の統治を強くため、“大衆が諸侯、裂ける土を建てるのが人民です”の分封制をとっていた。“井田法”は周朝の社会の生産関係の基礎で、貴族にとっては富の元でもあり、農業は依然として社会経済の主要な部門である。

東周:

東周(770年-256年)は周朝の後半である。周の王室は都を東の洛河県に移った後にわけて、歴史の上には東周と称し、これで前で首都のハオ京の時期は西周である。東周の初めての君主は周平王で、共に25王を伝え、515年間続い、最後に秦によって滅亡された。東周前半では諸侯たちが合い争って相互に制覇し、200年余りに続け、“春秋の時代”と称する;後半では、残る諸侯は大国を引きつけ制覇し、またお互いに遠征し、“戦国時代”と称する。

秦朝:

紀元前221年、秦始皇が古中国の統一事業を完成し、そして中国の歴史上で第一個の多民族を統一する中央集権国家を創立した。 秦王は都を咸陽に定め、中国の郡県制王朝の中で第一個の皇帝になった。1つの大きい一統の王朝として、高度集中の中央集権の政治制度を創立した。始皇帝は、法家の李斯を登用し、中央集権化を推し進めた、皇帝は最高の権利を持って、一般に行政、軍事、経済などのすべての権力、皆皇帝のから一手に握っている。このとき、中央から派遣した役人が全国の各地方を支配する郡県制が施行された。経済の方面では土地の私有制を実行し、また、文字・貨幣・度量衡の統一も行われ、思想コントロールを強化するため、きつい文化政策を練っていた。さらに、当時モンゴル高原に勢力をもっていた遊牧民族の匈奴を防ぐために万里の長城を建設させた。そのため、紀元前210年に始皇帝が死ぬと、翌年には陳勝・呉広の乱という農民反乱がおきた。これに刺激され各地で反乱がおき、ついに秦は紀元前206年に滅びた。そのあと、楚と漢の争い(前206~最初の202年)で、漢の勝ちによって、国家を統一した。継秦の後で、また1つの中央集権の王朝はこのように創立した。

漢朝:

漢朝は中国の歴史上で短い秦朝の以後で出現した時代であり、“前漢”(紀元前202年-西暦紀元9年)と“後漢”(西暦紀元25年-西暦紀元220年)の2つの歴史時期に分けて、後世の歴史学者は両漢と定義している。前漢は漢高祖劉邦が創立し、長安に都を定めている。後漢は漢光武帝劉秀が創立し、洛陽に都を定めている。両漢時期にはその時の世界では偉大な歴史の一段落であり、漢高祖劉邦と漢景帝劉景が開ける時期には、経済実力はゆっくりと上昇し、東方の第1大帝国になり、すごく繁栄と思われている。漢武帝の時期に着いて、張騫は西域を出て初めて有名な“シルクロード”を切り開い、東方と西方の貿易通路を開通し、中国はそれから世界貿易体系の中心になって、千数年来のモンゴル人の飛躍に至っている。まさに漢朝の名声が広がり、一族以外の人は中国人を“漢人”と呼ぶことを始め、漢朝人も自分がこのような呼び方が好き、“漢”はそれから偉大な中国民族の永遠の名前になった。

晋朝:

晋朝は中国歴史のなかで9つの一統時代の一つであり、西晋(265年-316年)と東晋(317年-420年)2つの時期に分ける。263年司馬昭が出兵して蜀を占領した後に、晋王と称している。265年彼の子司馬炎は自立して皇帝になり、国号は“晋”であり、首都を洛陽に定め、歴史には西晋と認定され、共に4人の帝、52年間伝えてきた。戦乱のあと、晋室は南渡し、司馬睿は建業で東晋を再建し、共に11帝があり、104年間を伝え、両晋は総計156年間続けてきた。この時期の文化は多元の発展に向かって、1つの文化が、衝突のまた解け合う時代を創始するのである。儒教の至高地位が打ち破られ、哲学、文学、芸術、歴史学と科学技術は次から次へと革新が現れている。現代思想は本土で発展した玄学、道教およびインドから伝わった仏教があって、士大夫は次から次へと空論に盛んに行われる。辺境の民族が草原の文化を持っており、東晋中原の文化と江南の文化も持って、双方は文化交流あるいは民族の融合を展開している。

南北朝:

南北朝(西暦紀元420年-西暦紀元589年)は中国歴史の中で一つの分裂時期であり、西暦紀元420年、劉裕は東晋を奪い取って南朝宋を創立し、西暦紀元589年隋が南朝陳を滅ぼすまで。この時期は東晋と十六国を上にし、隋とつながり、南北両朝はそれぞれ時代の更迭があるが、しかし長期にわたり対峙を維持し、だから南北朝と称する。南朝(西暦紀元420年-西暦紀元589年)は宋、斉、梁、陳四朝を含めている;北朝(西暦紀元439年-西暦紀元589年)は北魏、東魏、西魏、北斉と北周を含めている。

隋朝:

中国を統一した隋朝は政治上で重要な制度を確立した――三省六部制、法令を改革している;軍事上で、府兵制を引き続き推進し、さらに改革している;経済上で、一方では均田制と租庸調制を実行し、一方は“大きいロープの容貌が読みます”と“籍に負けて様子を決めます”などの措置をとって、政府の収入を増加し、中央集権化を目指していた。また同時に九品中正法を廃止し、試験によって実力を測る科挙を採用した。しかし、文帝の後を継いだ煬帝は、江南・華北を結ぶ大運河を建設したり、度重なる遠征を行ったために、民衆の負担が増大した。このため農民反乱が起き、618年に隋は滅亡した。

唐朝:

唐(西暦紀元618年-907年)は隋に代わって、中国を支配した王朝が、世界公認の中国の最も勢力が盛んな時代である。李淵は618年に唐を創立して、長安(今陝西西安)を首都にしている。唐は基本的に隋の支配システムを受け継いだ。626年に即位した太宗は、租庸調制を整備し、律令制を完成させた。唐の都の長安は、当時世界最大級の都市であり、各国の商人などが集まった。唐時代には、景教、マニ教をはじめとする各地の宗教が流入しており、また、文化史上も、唐時代の文学は最高のものとされる。712年に即位した玄宗は国内の安定を目指したが、すでに律令制は制度疲労を起こしていた。また、周辺諸民族の統治に失敗したため、辺境に強大な軍事力が置かれた。これを節度使という。節度使は、後に軍権以外にも、民政権、財政権をももつようになり、力を強めていく。763年には、節度使の安禄山たちが安史の乱と呼ばれる反乱を起こした。この反乱は何とか鎮圧されたが、各地で土地の私有(荘園)が進み、土地の国有を前提とする均田制が行えなくなっていった。結果として、律令制度は崩壊した。875年から884年には黄巣の乱と呼ばれる農民反乱がおき、唐王朝の権威は失墜した。唐は21人の皇帝(武則天をくわえます)をしばしばあり、共に289年間が続けている。唐は文化、政治、経済、外交などの方面にすべて光り輝く業績があって、その時の世界で最も強大な国家である。

五代十国:

五代十国は決して1つの時代指すのではなく、1つの特殊な歴史の時期を指すのである。五代は後梁、後唐、後晋、後漢、後周の順番での交替する政権を指すことである。十国は五代後の次々と現れる十個の政権を指す:前蜀、後蜀、呉、南唐、呉越、閔、楚、南漢、南平(つまり荊南)、北漢、十国を総称することである。五代は中国の文化史のなかで1つの重要な時期と思われている。歴史の角度を出版業を見ては、中国の第一部国子監刻印書物、九経が出版した。この初印本を通じて中国の後世のすべての国子監刻印書物のオリジナルとなっている。これは本当に奇跡で、それは伝統の文化が中華民族の高い凝集力を持つことを反映した。

宋朝:

唐の滅亡後、各地で節度使が争った。この時代を五代十国時代という。この戦乱を静めたのが、960年に皇帝となって宋を建国した趙匡胤である。ただし、完全に中国を宋が統一したのは趙匡胤の死後の976年である。趙匡胤は、節度使が強い権力をもっていたことで戦乱が起きていたことを考え、軍隊は文官が率いるという文治主義をとった。また、これらの文官は、科挙によって登用された。また、多くの国家機関を皇帝直属のものとし、中央集権及び皇帝権力強化を進めた。そのほか、宋は文治主義を採用していたため、戦いに不慣れな文官が軍隊を統制したので、軍事力が弱く、周辺諸民族との戦いにも負け続けた。1127年には、金の圧迫を受け、宋は江南に移った。これ以前の宋を北宋、以降を南宋という。南宋時代には、江南の経済が急速に発展した。また、この時期には、ムスリム商人を中心とした海上貿易が発達した。1276年、フビライは宋の都臨安を破れ、宋が滅びた。しかし、宋も同時に中国歴史のなかで経済と文化教育の最も繁栄している時代で、儒学の復興、社会では師を尊重し、教育を重視する気風が充満し、科学技術の発展もめざましく発展し、政治も比較的に見識があって清廉潔白でもあり、実にいい世の中と思われている。宋の経済と文化の発展と繁栄は空前の規模であり、農業、手工業、磁器業、造船業などは全部非常に繁栄している。

元朝:(モンゴル帝国)

元(西暦紀元1206年-1368年)は、中国歴史のなかで最初に少数民族(モンゴル族)から全国の封建王朝を創立して統治する時代である。元の国土は前例のなく広大で、今日の新疆、チベット、雲南、東北、台湾と南シナ海の諸島、すべて元の統治範囲に位置している。元は、宮廷費用などを浪費しており、そのため塩の専売策や紙幣の濫発で収入を増やそうとした。しかし、これは経済を混乱させるだけであった。そして、庶民の生活は困窮した。こうした中、各地で反乱が発生した。中でも最大規模のものは1351年に勃発した紅巾の乱であった。紅巾党の中から頭角をあらわした朱元璋は、1368年に南京で明王朝を樹立して皇帝に即位した。同年、朱元璋は元の都の大都を陥落させ、元の政府はモンゴル高原へと撤退した。元朝は、モンゴルの勢力が広げて西アジア地区に着きましたため、ヨーロッパと頻繁な接触があり、更に頻繁に技術の交流があると思われている。また、元朝の経済は依然として農業経済を主として、生産技術、田面積、食糧生産量、水利の開墾および綿の栽培などがすべて前の時代より上回っている。輸送、海運の開通および紙幣の流行は元朝を歴史のなかで最初に大規模で紙幣を流通貨幣とする時代となっている、ヨーロッパの紙幣より早く現れてある。

明朝:

明(西暦紀元1368年-1644年)は中国歴史のなかで漢族が主としてモンゴル族の統治者にご破算になってで作り上げる漢族王朝であり、また中国歴史のなかで最後にの漢族が創立した君主制王朝でもある。1368年朱元璋は元朝が消えて帝位について、国号の明朝と改めていた。明朝は中国の周、漢と唐に後にしてもう一つの盛んな時代(黄金時代)で、史称の“治隆唐宋”、“遠邁漢唐”である。朱元璋の死後、孫の建文帝が即位したが、洪武帝の四男である朱棣が反乱(靖難の変)を起こし、永楽帝として皇帝になった。永楽帝は、モンゴルを攻撃するなど、積極的に対外進出を進めた。また、鄭和を南洋に派遣して、諸国に朝貢を求めた。永楽帝の死後、明は海禁政策をとり、貿易を著しく制限することとなる。その後、中国南部沿岸には、倭寇と呼ばれる海上の無法者たちが襲撃を重ねていた。これは、海禁政策で貿易が自由にできなくなっていたためである。また、皇帝による贅沢や多額の軍事費用の負担は民衆に重税となって圧し掛かってきた。これに対し、各地で反乱がおき、その中で頭角をあらわした李自成が1644年に明を滅ぼした。

清朝:

清は中国の満州族が創立した封建王朝で、中国歴史のなかで全国を統一の大きい王朝の1つである。17世紀後半から18世紀にかけて、康熙帝、雍正帝、乾隆帝という3人の皇帝の下で、清の支配領域は中国本土と中国東北地方・モンゴルのほかに、台湾、東トルキスタン、チベットにまで及んだ。この清の支配領域が大幅に広がった時期は、『四庫全書』の編纂など文化事業も盛んになった。18世紀中葉まで、封建的な経済発展は新しいピークに着いて、史称の“康乾盛世”である。そこで中央集権の独断な体制は更に厳密で、国力は更に強大で、秩序も安定している。康煕の年間、台湾を統一して、そしてロシアと《ネルチンスクの条約》を締結して、中ロの東端の境を確定した;乾隆の中葉、ジュンガルを平定して、部に帰って、新疆を統一した。これは一挙に中国の歴史の上で遊牧民族と農耕の民族の間の衝突を解決するだけではなくて中国の多民族国家の統一を強化し、中華民族の団結力と凝集力を強めたである。文化の上で、康乾の時期にいくつの集大成の作品を編纂し、《四庫全書》、《古今図書集》など、中国歴史の文化遺産をきちんと整理して総括することに重大な貢献を作り出した。18世紀末から初めを、清とヨーロッパとの貿易はイギリスがほぼ独占し、しかし、イギリスは麻薬であるアヘンを中国に輸出し始めた。結果、イギリスは大幅な貿易黒字に転じた。一方、中国にはアヘン中毒者が蔓延し、この事態を重く見た清朝政府は、1839年に林則徐に命じてアヘン貿易を取り締まらせた。しかしながら、これに反発したイギリス政府は清に対して1840年宣戦布告し、アヘン戦争が始まった。工業化したイギリスは近代兵器を持っていたため、清政府に勝った。これ以降、ヨーロッパの列強による中国の半植民地化が進んでいた。その後、清王朝は圧力に負け、沿岸地域を租借地としてイギリス、フランス、ロシア帝国、ドイツ帝国、アメリカ合衆国、大日本帝国に租借した、その結果として、ヨーロッパの列強の侵略は止まれなかった。結局、1911年の武昌での武装蜂起をきっかけに辛亥革命が起こり、各地の省が清からの独立を宣言した。1912年1月1日、革命派の首領の孫文によって南京で中華民国の樹立が宣言された。これを以って中国の君主制は廃止された。清政府が滅ぼしたと思われている。



ホットライン 人気ホテル 人気ツアー 人気オプションナルツアー 人気都市 人気観光地
北京航空券 福州航空券 北京ホテル 北京4日間 青島3日間 万里の長城·故宮1日 北京 万里の長城
上海航空券 アモイ航空券 上海ホテル 上海4日間 桂林3日間 兵馬俑·大雁塔1日 上海 故宮
広州航空券 大連航空券 大連ホテル 杭州3日間 九寨溝2泊3日  蘇州&周荘の日帰り観光 西安 兵馬俑
シンセン航空券 青島航空券 青島ホテル 西安3日間 大連·旅順の旅 華安土楼日帰り観光 桂林 大雁塔
三亜航空券 西安航空券 アモイホテル 敦煌3日間  北京・西安・上海7日間 少林寺カンフー観賞  大連 豫園
昆明航空券 成都航空券 広州ホテル 洛陽3日間 孔子故郷を辿るツアー  北京ダックグルメ 青島 漓江くだり