中国情報集

新着情報

トラベルサポート

テーマで探す

格安中国旅行商品 満杯!

中国ツアー 中国列車券
中国航空券 中国ホテル

お問い合わせ 日本語で どうぞ

電話:
+86-10-89192109
E-メール:
support@rakutabichina.com

中国の教育

中国古代教育
科挙は中国古代の封建統治者が人材を選抜するために、設置した試験制度である。知識人を参加させる人材選抜試験であり、学習に優れるものは官吏になる制度である。科挙制は皇帝が自ら主宰し、科目を分けて人材を採用する士の選抜試験である。魏晋以来、官吏の大部分が各地の名門、権勢のある高官の子弟の中から選抜した。権勢のある高官の子弟は優劣に関わらず、すべて役人になることができる。しかし、多くの出身が卑しく、秀でた才能と学識がある人は中央と地方で高官を担当することはできない。このような不正行為を変えるため、隋文帝は科を分けて試験して人材を選挙することを実施し始めた。隋煬帝の時期に進士科を正式的に設置し、参加者が時事に対する見方を審査し、試験の成績によって人材を選抜した。中国の科挙制度は正式に誕生した。

隋から、各時代の科挙の試験科目はずっと変化している。それぞれの時代の科挙の科目と形式の変化から統治階層が人を使う方向を見抜くことができる。そして、異なっている時代の人材の需要も反映した。科挙制度は特製の科目以外、明経、進士科考の内容は主に儒家経典である。試験の形式は各時代にも不一致である。唐には、主として墨義、口試、貼経、策問、詩賦などの科目がある。宋には、主に経義、策問、詩賦などがあり、明朝に至っては経義しかなかった。

"清朝の科挙試験制度は二つの段階に分けられる。ひとつは科挙の初歩的な試験であり、もうひとつは科挙の正式試験である。科挙の初歩的な試験は3種類あり、1種は童試であり、1種は歳試であり、1種は科試である。童試は普通「小考」と呼ばれる。一般の男の子は初めての試験を受けるとき「童生」と呼ばれ、童生は一定の試験で選抜を経ち、県で選抜された後督学で試験を受け、督学で合格して「秀才」と呼ぶことができる。秀才の試験は毎年一回であり、「歳試」と呼ぶ。また3年ごとに一回「科試」という大きい試験に参加しなければならない。この試験で次の挙人の試験を受ける資格を取る。これは科挙の初歩的な試験である。 次は正式の科挙試験である。正式の科挙試験は3級に分けた。それぞれは郷試、会試、殿試である。 郷試は通常3年ごとに各省の省都で一回開催した。また大比とも呼ばれた。秋に開催するため、秋閨という別称もある。郷試に参加するのは秀才(生)である。しかし、秀才は郷試に参加する前に、当省の教育行政長官のような方が行う巡回を通じ、優良な成績をとる人は郷試に出られる。郷試を合格した後、挙人と称された。第一位は解元と呼ばれ、第二位から十位まで「亜元」と呼ばれる。   会試は郷試が終わった二年目の春に、礼部で開催した。それで会試はまた礼閨、春閨と称された。会試に参加するのは挙人であり、合格した後貢士と称された。第一位は会元と称された。会試の後で普通第2次試験を行う。 殿試は皇帝が試験官を担任した試験であり、策問を考察する。殿試に参加するのは貢士であり、合格した後は進士と称されるようになる。殿試は三甲に分けて採用する。第一甲は進士及第、第二甲は進士出身、第三甲は同進士出身である。第一甲は3名採用し、第一位は俗称の状元、第二位は俗称の榜眼、第三位は俗称の探花であり、三鼎甲と合称する。"
中国の現代教育
6-3-3制
中国の学校は大体、小学校、中学、大学の3段階に分けられた。その中、中学はまた初級中学と高級中学に分けられた。初級中学は中学校であり、高級中学は高校である。

小学校は人々が初級段階の正規の教育を受ける学校であり、基礎教育の重要な構成部分である。普通6-12歳は小学校の適齢児童であり、現在小学校の教育年限は6年である。小学校の後は中学教育の段階である。

中学校は中学の初級段階であり、普通は9年制義務教育の中学を指し、高校に移行する一つの段階であり、中等教育の範疇に属している。

高校は高等学校と略称であり、中国の中学は中学校と高等学校に分けられ、中等教育の範疇に属している。高校は中国の9年制義務教育が終わった後のもっと高いレベルの教育機構である。初級中学を続き、普通は3年制である。中国の高校教育は初級中学以降の高校段階の教育を指す。普通の高校、職業高校、中等専門学校などが含まれ、中等教育の範疇に属している。

大学入試
大学入試(National Matriculation Test)は普通、新中国の高等教育の入学試験を指し、正式名称は普通大学学生募集全国統一試験である。現在まで、普通大学の学生募集試験、独学試験及び社会人高等教育統一入学試験という3種類の形式があり、普通の「大学入試」は第1種を指す。大学入試は受験生が大学を選ぶ、大学に入る資格の標準であり、国家試験の一つである。国家の統一的な指示に従っている。
中国知名大学
清華大学
清華大学(英文名:Tsinghua University)は、北京の西北の郊外の繁栄している林園区に位置し、数ヶ所の清朝の皇室庭園の遺跡の上で発展してきたのである。
清華大学の前身は清華学堂であり、1911年に建設され、かつてはアメリカが返した一部分の庚子賠款で創立されたアメリカ留学の予備校である。1912年、清華学堂は清華学校と改名した。1925年、大学学部を設立し、4年制の大学生を募集することを始めた。1928年、国立清華大学と改名し、それに1929年秋に研究院を創立した。清華大学の初期発展は西洋文化の影響にしみ込まれたが、学校はずっと中華民族の優秀文化の貴重な宝物の研究を非常に重視する。
北京大学
北京大学は北大と略称し、創建は1898年に、中国近代第一の国立大学であり、中国最も優秀な大学の一つであり、アジア及び世界でも重要な大学の一つである。中国の現代史に、北京大学は中国の「新文化運動」と「五・四運動」などの中心発祥地であり、また多種の政治思潮と社会理想が中国で最も早く広められるところであり、「中国政治の晴雨計」の称がある。きわめて高い名声と重要な地位を有している。


ホットライン 人気ホテル 人気ツアー 人気オプションナルツアー 人気都市 人気観光地
北京航空券 福州航空券 北京ホテル 北京4日間 青島3日間 万里の長城·故宮1日 北京 万里の長城
上海航空券 アモイ航空券 上海ホテル 上海4日間 桂林3日間 兵馬俑·大雁塔1日 上海 故宮
広州航空券 大連航空券 大連ホテル 杭州3日間 九寨溝2泊3日  蘇州&周荘の日帰り観光 西安 兵馬俑
シンセン航空券 青島航空券 青島ホテル 西安3日間 大連·旅順の旅 華安土楼日帰り観光 桂林 大雁塔
三亜航空券 西安航空券 アモイホテル 敦煌3日間  北京・西安・上海7日間 少林寺カンフー観賞  大連 豫園
昆明航空券 成都航空券 広州ホテル 洛陽3日間 孔子故郷を辿るツアー  北京ダックグルメ 青島 漓江くだり